An iPad Trackmaker

KORG Gadget レコーダーZurichで音声エフェクトをオートメーションする

 KORG Gadget には音声を入れられるレコーダーガジェットZurichがあります。録音も音声ファイルインポートもできて重宝します。どんなものか、また使い方など、くらんけさんのサイトにまとまっています。

Gadget-Junkies.net のZurichの記事

 このZurich、外観はこんな感じで、古のテープレコーダーを模しています。内蔵エフェクトを持っていて25種類のtype+Bypassの中からひとつ選んで使えるようになっており、今使っているものが中央の窓に表示されます。窓をタップするとFX typeを選べます。パラメーターは2種類、ノブで調節できます。何が割り当てられているかはFX typeによります。

Zurichの画面

 実は、このパラメーターの値、さらにはtypeとして何を選ぶかまでオートメーションで曲中に書き込むことができます。typeを曲中でトラック内で変えられるのは意外で、面白いですし、オートメーションなのでシーンの中で変化されられます。やろうと思えばこんな感じに‥

FX typeのオートメーションによる切り換え。普通はこんな風にはしないと思いますが、シーンの最後だけ変えるとかできます。

 この画面のFX typeは下から順に、Zurich中央の窓タップで出てくる選択肢の上から順のFX type に対応しています。この画面で一番下(水色が表示されない)状態がBYPASSです。左に並んでいるのはオートメーションの種類であって、オートメーションのグラフィック表示とは対応しません。
 FX typeを選んだら、パラメーターをRECしながら動かせば、こんな感じにオートメーションが記録されます。気に入るまでシーンをリピートして繰り返せば上書きで書き換えられます。

FXパラメーターのオートメーション

 実際にシーンごとにFX typeを切り換えて音を出したのがこれです。Talk Mod、Cho/Flg、Short Delay、BPM Delayなど面白い変化します♪ もとはちょっとうるさい時計の音です。

 Zurichに取り込む前のサンプリングについてはこちらに書きましたので、よろしければどうぞ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

書いてる人:Santa OJ

休日や寝る前に iPad mini5 + Korg Gadget で曲を作っているiPad track maker、あるいは、寝る前DTMer。楽曲は、着信音やBGMのほか、ほとんどがインストで、シンセを主体とした曲が多い。野外音サンプリングや効果音にも興味があり音源を作っている。
音源:SoundCloud
音源:YouTube
Twitter:Santa OJ

“Santa OJ Sound: An iPad Trackmaker”はSanta OJの作曲活動について、及びそこで有用と思ったことを個人的資料として書いているサイトです。

カテゴリー